:::: MENU ::::

【確認しておこう】あなたは大丈夫?「知的財産(商標・特許)」対策

最初にやるべき「知的財産権」対策!
きびだんごならプロに無料で相談できます。

「クラウドファンディングで情報を公開することにリスクはありませんか」という心配の声をよくいただきます。きちんと「知的財産権の対策」をしておくことでリスクヘッジは可能ですが、煩雑な手続きや決して安くはない費用が壁となり、後回しにしてしまう方が多いのも事実です。

きびだんごだけの「知財特割サポートプラン」

そこで、知的財産権のプロである「西浦特許事務所」の全面バックアップの元、知的財産権の調査・出願に係る費用を特別価格で提供するKibidangoだけの『知財特割サポートプラン』をご用意しています。

そもそも、なぜ対策が必要なのか?

一度アイデアをオープンにしてしまうと「新規性」が失われ、後からでは登録を受けてもらえない場合もあります。さらに、第三者に先に出願されてしまった場合も、登録を受けてもらえなくなります。こうした状況になってしまう前に、きちんとした対策が必要です。

自分が「加害者」になるケースも。

また、「アイデアを盗まれないか」という心配ばかりしがちですが、知らぬ間に加害者になっていたというケースも。「開発を進めていた製品が、誰かがすでに特許を取得していた。」「一生懸命考えたブランド名。すでに他社が商標登録しており訴訟を起こされてしまった。」など、いつの間にか権利侵害してしまっていたというケースも実際にあります。これらを防ぐためにも、知的財産権の対策は事前に進めていただくと安心です。

サービス概要

● 万が一資金調達に失敗しても安心な「成功報酬型」の料金体系

本プランで特別割引の対象となるのは、「特許」「意匠」「商標(文字・図形)」それぞれの調査と出願に係る費用です。

①の「調査」に係る費用を通常の30%オフ、②の「出願」に係る費用については、まず最初に手数料の50%(※)をお支払い頂き、クラウドファンディングが成功した場合のみ、残額を頂くシステムです。例えば「特許」の場合、明細書作成費用は24万円〜40万円程度かかるため、大幅に負担が軽減されます。万が一クラウドファンディングでの資金調達に失敗した場合でも、最低限の費用で出願の手続きを進めておくことができるので安心です。
※減額対象となる手数料は、出願内容によって異なります。特許印紙代や図面作成の実費は別途いただきます。詳しくはお問い合わせください。

●サービスご利用方法

ご希望の方は、担当者にご連絡ください。まずは「西浦特許事務所」の弁理士にお繋ぎいたします。最初の相談は無料ですのでご安心ください。


Scroll Up