:::: MENU ::::
カテゴリー: 【虎の巻】「開催中」篇

プロジェクトの支援を伸ばす“4つ”のポイント


「きびだんGOOO!」の掛け声と共に、プロジェクトがスタートしました!ここからが本番!プロジェクト達成まで引き続き頑張りましょう。


【1】最初が肝心!(初速を出そう)

クラウドファンディングでは一般的に、スタート直後と終了直前に支援が伸びる傾向にあると言われています。特にスタートダッシュをかけられるかどうかは重要で、その後のプロジェクトの盛り上がりに大きく影響します。

プロジェクトの開催期間にもよりますが、初日〜3日以内に目標の30%を集めるつもりで事前準備を行いましょう。

・初速に効く事前準備とは?

  • 周囲のご友人・知人に事前に声がけし、開始直後の支援やSNSでの拡散をお願いしておきましょう。
  • プロジェクト専用のSNSアカウントを設置する場合は、事前にいいね!数やフォロワー数を増やしておきましょう。
  • 初速を出せる特典設計を考えましょう。

▶︎ 詳しくは「クラウドファンディングの成功を確実にする事前準備とは?」をお読みください。

・「見込み支援者」のフォローはしっかりと!

プロジェクトに興味を持ってくださる方(見込み支援者)の中には、WEBサイトの会員登録やインターネット決済に慣れていない方もいらっしゃいます。必要に応じてフォローできるようにしましょう。ご不明な点は、担当者にご確認ください。

■「支援できない!」と言われた場合の良くある原因

【ケース1】Paidy決済(コンビニ・銀行支払い)が出来ない。
高額の特典を選択された場合、Paidy決済をご利用いただけない場合があります。その場合は、代わりにクレジットカード決済を使っていただくようお願いしてみてください。

【ケース2】サイトへのログインができないので、支援できない。
メールアドレスとパスワードの組み合わせが間違っている可能性があります。パスワードを忘れてしまった場合は、再設定の方法をご案内ください。

【ケース3】ユーザー登録がうまくいかない。
こちらのヘルプページをご案内ください。


【2】「活動報告」で中だるみを突破しよう!

どんなプロジェクトでも、必ず支援の伸びが止まる時期があります。そんな中だるみの時期にもモチベーションを落とさず、地道な声がけや情報発信を行って頂ければ、また必ず支援が伸びるときがやってきます!

イイことあるある!「活動報告」

Kibidangoにはプロジェクトオーナーのためのブログ機能「活動報告」があります。活動報告は、支援金額を伸ばす上で非常に重要な機能です。

活動報告を更新すると…

  • きびだんごのトップページの目立つ位置(右カラム)に掲載されます。
  • 支援者およびフォロワーに、更新を知らせるメールが自動で配信されます(ユーザーが個別設定で「受け取らない」を選択している場合を除く)。
  • きびだんごのTwitterアカウント(2017年2月末時点でのフォロワー数3,947人)で拡散されます。

と、更新するだけでプロジェクトの拡散に繋がり、プロジェクトにも活発なイメージを持たせることができます。

シェアする情報のマンネリを防ぐ

プロジェクト開催中、多くの方がFacebook等のSNSを使って情報発信をします。しかし、毎回同じページをシェアしていると、見た人が「また?」「しつこい」と感じてしまい、マンネリ化してしまいます。

活動報告なら、毎回違う内容を更新するので、新鮮な情報をSNSで拡散することができます。また、SNSでの発信のきっかけにもなります。プロジェクトに関する内容を中心に、時おりプロジェクトオーナーの日常について書き、人となりを知ってもらうのも良いですね。

Facebook投稿の際、画像が表示されなくなったら

「Facebook投稿の際、画像が表示されなくなったらこちらのリンク先で「デバッグ」をお試しください」
▼手順
①URLを入力してくださいとあるボックスに、プロジェクトページのリンクを挿入
②[デバッグ]をクリック
③「リンクをレビュー」の欄に画像が表示されるようになるまで[もう一度スクレイピング]をクリック

特典を目にする回数が増える

活動報告ページでも、プロジェクトページと同様に、画面右側に特典の一覧が表示されます。活動報告への流入を増やすことで、見込み支援者の目に特典が触れる回数も増やすことができます。

「活動報告」更新のコツ

  • プロジェクトに関するブログを書くつもりで更新してみましょう。
  • 「下書き」で、思いついた時に書きためておくことができます。
  • 「公開」>「日時を指定して公開」とすると、更新したい日付と時間を設定することができます。
  • 更新の時間帯は、通勤や通学中の方が多い午前8時〜9時ごろ、及び18時〜21時ごろがオススメです。頻度は最大1日2回までが適切です。
  • 文字だけではなく画像も入れると、SNS等で拡散されやすくなります。

【3】支援を伸ばすために使える機能や仕組み

(1)アクセス解析

きびだんごより希望者に、1週間毎にお送りする「アクセス解析レポート」にもとづき、支援を伸ばすにはどんな施策が有効か、作戦を立て直すことができます。

▶︎アクセスが伸びている日をチェック!
アクセスが伸びている日があれば、その日もしくは直前に行った告知活動が効果的だったということです。どの告知活動が有効だったかを推理した上で、ダメ押しで同じ手法を試してみる、同じ手法を別の曜日や時間帯で試してみましょう。

▶︎何か告知を行ったら、レポートと照らし合わせて。
これまでと全く違う手法を試してみた場合も、レポートと照らし合わせて、効果があったのかどうか確認してみてください。トライ&エラーを重ねることで、プロジェクト後半の戦略も立てやすくなります。

きびだんごの公式SNS

きびだんごは、公式Facebookページ(いいね!数=16,710)、Twitter(フォロワー数=5,251)、Instagram(フォロワー数=1,091)の3つのSNSを運用しています。
※数字はそれぞれ2019年8月末時点

それぞれ、プロジェクトオーナー様のSNSと連動して、情報拡散をお手伝い致します。支援を伸ばすのに有効なSNSは、各プロジェクトによって異なります。詳しくは担当者までお問い合わせください。

きびだんごのメールマガジン

週1回のペースで配信しているきびだんごのメールマガジンを通じて、過去にきびだんごのクラウドファンディングに支援したことのある13,000名(2016年8月末の時点)の見込み支援者にリーチできます。プロジェクトにもよりますが、これまでにメルマガ配信によって数万〜20数万の支援を伸ばせた実績があります。詳しくは担当者にお問い合わせください。


【4】終了間際は支援を伸ばすチャンス!

プロジェクト終了間際も支援を大きく伸ばせるチャンスです。ただし、達成率が低すぎるプロジェクトが最後で盛り返すのはかなり難しいです。

▶︎終了間際に達成しておきたい数字

  • 開催期間1ヶ月:終了3日前までに、達成率80〜90%。
  • 開催期間2ヶ月:終了1週間前までに、達成率80〜90%。

「あと◯日!」や「あと◯%で達成」と言われるとつい応援したくなる心理をうまく利用すると共に、後述するストレッチゴール、追加特典、リピーター限定特典といった仕組みも活用してください。

追加特典

プロジェクト開始後すぐに売り切れてしまった数量限定特典があれば、終了間際に追加することで支援を伸ばせる可能性があります。追加に当たっては、最初に購入してくれた支援者の満足度を維持するため、価格を少し上げる等、オリジナル特典とは何かしらの差をつけてください。

リピーター限定特典

既に支援をしてくれた方(リピーター)限定の特典を設定できます。一過性の支援者ではなく「ファン」と呼べる層が一定数いる場合は、これを投入することで支援を伸ばせる可能性があります。

ストレッチゴール

終了日より早く目標金額を達成できた場合、ストレッチゴールと呼ばれる追加の目的を設定することで更に支援を伸ばすことができます。
ストレッチゴールについてはこちらをご覧ください。


プロジェクト期間中は、最後まで色々な手法を試してみましょう!お困りの際は、担当者にご連絡ください。


Scroll Up