:::: MENU ::::
カテゴリー: プロジェクトの登録

【テンプレート】本文

本文作成の前に

各段落(見出し)ごとに、その内容を象徴とする(補足する)画像を最低1枚ずつ挿入してください。ページ全体で少なくとも3枚は画像を使ってください。

本文テンプレート

段落1(自己紹介)


【見出し1】
はじめまして、●●●●●です!

【本文1】
はじめまして。●●●●●と申します。◯◯という会社で☓☓の仕事に▽年従事してきましたが、3年前に%%に移住して、&&という夢を達成するために家族で頑張っています!
(ご自身の事、ご経歴やこのプロジェクトに至るまでの経緯などを、500文字程度で自己紹介してください。)

【画像1】
プロジェクトオーナーのお顔が分かる画像


段落2(プロジェクトの目的)


【見出し2】
◯◯を実現するために、●●●円の資金が必要です!

【本文2】
今回クラウドファンディングに挑戦しようと思ったのは、◯◯を実現したいという自分の夢を叶えるためです。これが実現できると…(中略)…で悩む多くの方を笑顔にすることができます。◯月◯日までに目標金額の●●●円が集まれば、##の購入資金にあて◯◯を達成できます。(最低500文字)
(プロジェクトの概要をここで説明してください。何をするために、いくら必要なのか、また金額のその内訳なども詳しく開示してください。)

【画像2】
プロジェクトに関する画像や、活動が分かる画像
(複数ある場合は、本文の途中に差し込むなど工夫してください)


段落3(プロジェクトで実現すること)


【見出し3】
資金が集まれば、こんな事が実現します!

【本文3】
開催期間中に●●●円が集まったら、##を購入し、◯◯を行うことができます。その結果、&&や%%や$$ができるようになり、…(中略)…地元に@@として貢献できます。(最低500文字)
(資金が集まった時に実現することを、支援者とイメージ共有できるように、詳しく描写してください。)

【画像3】
プロジェクトの実現イメージや、活動に関する画像
(複数ある場合は、本文の途中に差し込むなど工夫してください)


段落4(特典の詳細)


【見出し4】
応援してくださった皆様には、こんなお返しを考えています!

【本文4】
応援してくださった皆様には、以下の特典をお返し致します。

●特典1について 特典1は…。
【画像】

●特典2について 特典1は…。
【画像】

●特典3について 特典1は…。
【画像】


(特典に関して、ここで紹介してください。特に到着の時期や、おすすめポイントとなど。それぞれの特典について最低1点は画像をつけてください。)


段落5(プロジェクト実現後の夢や目標)


【見出し5】
プロジェクト実現を通して、私はこんな大きな夢の一歩を歩み始めます!

【本文5】
このプロジェクトが実現したら私はずっと取り組みたかった◯◯という夢に一歩踏み出すことができます。…(中略)…私の夢の第一歩であるクラウドファンディングを成功させるため、期間中せいいっぱい頑張りますので、共感いただけましたらご支援頂けますと幸いです。よろしくお願いいたします。(最低500文字)
(今回のプロジェクト実現する事により、今後さらに開ける大きな夢を語ってください。)

【画像5】
今後の目標や夢に関する写真など
(複数ある場合は、本文の途中に差し込んで工夫してください)


段落6(最後に)


【本文6】

みなさま、なにとぞご支援よろしくお願いします!
(最後の最後まで、支援の呼びかけ・お願いをしましょう)



【テンプレート】概要文(250文字以内)

①まずは、実際にあったトートバッグ制作プロジェクトの概要文を参考にしてみましょう。

————————————————————————————————————————————————
水筒と暮らすバッグ「すいトート」です。

このバッグの内側には“水筒のためのポケット”が付いています。
「水筒が転がらないというだけでこんなにお出かけが楽しくなるとは!」
と、きっと思ってもらえるトートバッグです。

現在、初めて“柄付きの生地”で製品を作ることに挑戦しています。
3/31までに、皆様のご注文(支援)が目標金額に達すると
プリント生地の生産ロットを確保することができ、商品化が決定します。

ご協力頂いた方には、販売予定価格よりお得な価格にて 出来たての新製品をお届けします!
————————————————————————————————————————————————

②上記の文章を解説します。これをガイドにしながら作成してみましょう。

————————————————————————————————————————————————
水筒と暮らすバッグ「すいトート」です。

▶︎ 自己紹介。最初に「私たちは◯◯です。」と名乗ることで信頼が得られ、好感を持って先を読み進めてもらえます。(20文字前後)

このバッグの内側には“水筒のためのポケット”が付いています。
「水筒が転がらないというだけでこんなにお出かけが楽しくなるとは!」
と、きっと思ってもらえるトートバッグです。

▶︎ どんなプロダクト(イベント)についてのプロジェクトなのか、そのプロダクト(イベント)だけが持つ特長とともに簡潔に提示します。(100文字前後)

現在、初めて“柄付きの生地”で製品を作ることに挑戦しています。
3/31までに、皆様のご注文(支援)が目標金額に達すると
プリント生地の生産ロットを確保することができ、商品化が決定します。

▶︎ 上で触れたプロダクト(イベント)に関し、「どんなことに挑戦するのか」「いつまでにいくら集まったら何が実現するのか」を簡潔に提示します。(100文字前後)

ご協力頂いた方には、販売予定価格よりお得な価格にて
出来たての新製品をお届けします!

▶︎ このプロジェクトに支援すると、支援者は何が得られるのか?を書きます (30文字前後)
▶︎ 最後に「皆さんのご支援、よろしくお願いいたします!」と一文を添えましょう。
————————————————————————————————————————————————


プロジェクトの支援を伸ばす“4つ”のポイント


「きびだんGOOO!」の掛け声と共に、プロジェクトがスタートしました!ここからが本番!プロジェクト達成まで引き続き頑張りましょう。


【1】最初が肝心!(初速を出そう)

クラウドファンディングでは一般的に、スタート直後と終了直前に支援が伸びる傾向にあると言われています。特にスタートダッシュをかけられるかどうかは重要で、その後のプロジェクトの盛り上がりに大きく影響します。

プロジェクトの開催期間にもよりますが、初日〜3日以内に目標の30%を集めるつもりで事前準備を行いましょう。

・初速に効く事前準備とは?

  • 周囲のご友人・知人に事前に声がけし、開始直後の支援やSNSでの拡散をお願いしておきましょう。
  • プロジェクト専用のSNSアカウントを設置する場合は、事前にいいね!数やフォロワー数を増やしておきましょう。
  • 初速を出せる特典設計を考えましょう。

▶︎ 詳しくは「クラウドファンディングの成功を確実にする事前準備とは?」をお読みください。

・「見込み支援者」のフォローはしっかりと!

プロジェクトに興味を持ってくださる方(見込み支援者)の中には、WEBサイトの会員登録やインターネット決済に慣れていない方もいらっしゃいます。必要に応じてフォローできるようにしましょう。ご不明な点は、担当者にご確認ください。

■「支援できない!」と言われた場合の良くある原因

【ケース1】Paidy決済(コンビニ・銀行支払い)が出来ない。
高額の特典を選択された場合、Paidy決済をご利用いただけない場合があります。その場合は、代わりにクレジットカード決済を使っていただくようお願いしてみてください。

【ケース2】サイトへのログインができないので、支援できない。
メールアドレスとパスワードの組み合わせが間違っている可能性があります。パスワードを忘れてしまった場合は、再設定の方法をご案内ください。

【ケース3】ユーザー登録がうまくいかない。
こちらのヘルプページをご案内ください。


【2】「活動報告」で中だるみを突破しよう!

どんなプロジェクトでも、必ず支援の伸びが止まる時期があります。そんな中だるみの時期にもモチベーションを落とさず、地道な声がけや情報発信を行って頂ければ、また必ず支援が伸びるときがやってきます!

イイことあるある!「活動報告」

Kibidangoにはプロジェクトオーナーのためのブログ機能「活動報告」があります。活動報告は、支援金額を伸ばす上で非常に重要な機能です。

活動報告を更新すると…

  • きびだんごのトップページの目立つ位置(右カラム)に掲載されます。
  • 支援者およびフォロワーに、更新を知らせるメールが自動で配信されます(ユーザーが個別設定で「受け取らない」を選択している場合を除く)。
  • きびだんごのTwitterアカウント(2017年2月末時点でのフォロワー数3,947人)で拡散されます。

と、更新するだけでプロジェクトの拡散に繋がり、プロジェクトにも活発なイメージを持たせることができます。

シェアする情報のマンネリを防ぐ

プロジェクト開催中、多くの方がFacebook等のSNSを使って情報発信をします。しかし、毎回同じページをシェアしていると、見た人が「また?」「しつこい」と感じてしまい、マンネリ化してしまいます。

活動報告なら、毎回違う内容を更新するので、新鮮な情報をSNSで拡散することができます。また、SNSでの発信のきっかけにもなります。プロジェクトに関する内容を中心に、時おりプロジェクトオーナーの日常について書き、人となりを知ってもらうのも良いですね。

Facebook投稿の際、画像が表示されなくなったら

「Facebook投稿の際、画像が表示されなくなったらこちらのリンク先で「デバッグ」をお試しください」
▼手順
①URLを入力してくださいとあるボックスに、プロジェクトページのリンクを挿入
②[デバッグ]をクリック
③「リンクをレビュー」の欄に画像が表示されるようになるまで[もう一度スクレイピング]をクリック

特典を目にする回数が増える

活動報告ページでも、プロジェクトページと同様に、画面右側に特典の一覧が表示されます。活動報告への流入を増やすことで、見込み支援者の目に特典が触れる回数も増やすことができます。

「活動報告」更新のコツ

  • プロジェクトに関するブログを書くつもりで更新してみましょう。
  • 「下書き」で、思いついた時に書きためておくことができます。
  • 「公開」>「日時を指定して公開」とすると、更新したい日付と時間を設定することができます。
  • 更新の時間帯は、通勤や通学中の方が多い午前8時〜9時ごろ、及び18時〜21時ごろがオススメです。頻度は最大1日2回までが適切です。
  • 文字だけではなく画像も入れると、SNS等で拡散されやすくなります。

【3】支援を伸ばすために使える機能や仕組み

(1)アクセス解析

きびだんごより希望者に、1週間毎にお送りする「アクセス解析レポート」にもとづき、支援を伸ばすにはどんな施策が有効か、作戦を立て直すことができます。

▶︎アクセスが伸びている日をチェック!
アクセスが伸びている日があれば、その日もしくは直前に行った告知活動が効果的だったということです。どの告知活動が有効だったかを推理した上で、ダメ押しで同じ手法を試してみる、同じ手法を別の曜日や時間帯で試してみましょう。

▶︎何か告知を行ったら、レポートと照らし合わせて。
これまでと全く違う手法を試してみた場合も、レポートと照らし合わせて、効果があったのかどうか確認してみてください。トライ&エラーを重ねることで、プロジェクト後半の戦略も立てやすくなります。

きびだんごの公式SNS

きびだんごは、公式Facebookページ(いいね!数=16,710)、Twitter(フォロワー数=5,251)、Instagram(フォロワー数=1,091)の3つのSNSを運用しています。
※数字はそれぞれ2019年8月末時点

それぞれ、プロジェクトオーナー様のSNSと連動して、情報拡散をお手伝い致します。支援を伸ばすのに有効なSNSは、各プロジェクトによって異なります。詳しくは担当者までお問い合わせください。

きびだんごのメールマガジン

週1回のペースで配信しているきびだんごのメールマガジンを通じて、過去にきびだんごのクラウドファンディングに支援したことのある13,000名(2016年8月末の時点)の見込み支援者にリーチできます。プロジェクトにもよりますが、これまでにメルマガ配信によって数万〜20数万の支援を伸ばせた実績があります。詳しくは担当者にお問い合わせください。


【4】終了間際は支援を伸ばすチャンス!

プロジェクト終了間際も支援を大きく伸ばせるチャンスです。ただし、達成率が低すぎるプロジェクトが最後で盛り返すのはかなり難しいです。

▶︎終了間際に達成しておきたい数字

  • 開催期間1ヶ月:終了3日前までに、達成率80〜90%。
  • 開催期間2ヶ月:終了1週間前までに、達成率80〜90%。

「あと◯日!」や「あと◯%で達成」と言われるとつい応援したくなる心理をうまく利用すると共に、後述するストレッチゴール、追加特典、リピーター限定特典といった仕組みも活用してください。

追加特典

プロジェクト開始後すぐに売り切れてしまった数量限定特典があれば、終了間際に追加することで支援を伸ばせる可能性があります。追加に当たっては、最初に購入してくれた支援者の満足度を維持するため、価格を少し上げる等、オリジナル特典とは何かしらの差をつけてください。

リピーター限定特典

既に支援をしてくれた方(リピーター)限定の特典を設定できます。一過性の支援者ではなく「ファン」と呼べる層が一定数いる場合は、これを投入することで支援を伸ばせる可能性があります。

ストレッチゴール

終了日より早く目標金額を達成できた場合、ストレッチゴールと呼ばれる追加の目的を設定することで更に支援を伸ばすことができます。
ストレッチゴールについてはこちらをご覧ください。


プロジェクト期間中は、最後まで色々な手法を試してみましょう!お困りの際は、担当者にご連絡ください。


【事前準備(2/3)】支援者の心をガッチリ掴む「特典設計」の工夫

きびだんごは購入型(等価交換型)のクラウドファンディングサイトです。そのため「魅力的な特典を用意できるかどうか」は大変重要なポイントです。

【1】金額にバリエーションをもたせよう

プロジェクトに対して出せる予算は、人によって様々です。そのため、千円程度の気軽に購入できるものから、1万円を超える高額のものまで、「5〜10種類」を目安に考えてみましょう。

  • 内容に見合った価格を設定してください。
  • 可能性がある場合、企業向けの協賛プランや業務用パッケージなども検討してみましょう。

▼こんなときどうする?▼
イベント開催を目指すプロジェクトでは、特典がイベントチケット1種類となる場合もあると思います。その場合でも、「ペアチケット」や「グループチケット」を設定し、特典の価格に幅をもたせてみましょう。

【2】支援を「即決」させる特典設計の工夫

プロジェクトの「初速」を出すためには、支援者が思わず支援を「即決」する工夫が必要です。まずは事例を見てみましょう!

たった7時間で100万円を集めた“お手本プロジェクト”に学ぶ


プロジェクト開始後、たった7時間で100万円を集めた「ユリシーズが仕掛ける、高機能でカジュアルなメッセンジャー型カメラバッグ」プロジェクト。商品自体の魅力に加え、秀逸な特典設計によりスタートダッシュで支援を集めることに成功しました。

【特典1】一般販売価格より1万円以上お得な「プロジェクト限定割引 プラスα」

このバッグの一般販売価格は「35,640円」に設定されていますが、クラウドファンディングでは「限定割引価格27,500円」で提供されました。プロジェクトページでも、クラウドファンディングだけの特別価格である点を強調。また、「2,250円の木製リングストラップ」もセットにして、さらにお買得感を出しました。

【特典2】 さらに安い!40個限定の「早期優待割引」

プロジェクト開始直後の「初速」を出す仕掛けとして、特典1よりもさらに安い「早期割引価格25,500円」の特典を先着40個限定(1色20個ずつ)で提供。これは、売り切れるとちょうど100万円に達するように計算された価格設定でした。

【特典3】「誘い買い」したくなるセット売り

2個セットで「49,500円」の特典を用意。単価が早期優待割引よりもさらに安くなるため、「友達を誘って一緒に買う」支援者が複数現れました。

このように、1つのバッグに対して様々な特典を設計することで、初速を出すことが可能になります。ぜひ参考にしてください。

▶︎きびだんごかわら版の記事「達成金額¥6,553,000のカメラバッグに学ぶ成功法則」も合わせてお読みください。

【3】「高額特典」にもチャレンジしてみよう

目標金額が100万円を超えるような大きなプロジェクトでは、10万円を超える高額特典の導入も検討してみましょう。支援者から見て十分に魅力的な特典なら、金額が大きくても購入者はきっと現れます。その場合も、個数を限定したり、お得感のあるセット割引を導入したりと、「欲しい」と思わせる工夫をしましょう。

【4】色んなプロジェクトを参考にしよう

他にも、特典の設計を工夫しているプロジェクトがあります。色んなパターンに目を通して、ご自身のプロジェクトで活かせそうなものは取り入れてみてください!

■事例1:「5階建て保護猫複合施設「ネコビル」を大阪心斎橋に作りたい!
「猫好き」の好きなものを知り尽くし、ファンの心に刺さる数々の特典を用意。信頼を得てリピート支援を引き出し、6回目のプロジェクトでは1850万円もの金額が集まりました。

■事例2:「枯らさずに世界中の植物を育てたい!水やりのタイミングが誰でもわかる水分計
商品の特性から、個人向けだけでなく「業務用パッケージ」も上手に組み合わせた事例です。

■事例3:「「会いに行けるゆるキャラ」を作りたい!伊藤ネコ 着ぐるみ化プロジェクト!
「これ売る気ないでしょ!?」な小ネタ満載の特典で、見る人をクスリと笑わせたプロジェクト。特典を通して、プロジェクトの個性を表現した事例です。

▶︎次ページ:プロジェクトを広める「広報戦略」のイロハ


【実践(1/2)】共感が集まるプロジェクトページの作り方

共感が集まるプロジェクトページの作り方

みなさんに考えていただく項目について、それぞれのポイントやルールをお伝えします。編集画面での作業の際、こちらのページを参考にしながら作業して頂くと便利です。

【まずはじめに】知ってますか?スマホの重要性

きびだんごでは、7割以上の支援者はスマートフォンから支援をしています。また、プロジェクトの拡散に重要な「Facebook」も、見る人の実に9割はスマホから閲覧しているというデータがあります。ページの作成はパソコンでの作業になると思いますが、作成途中にスマホでプレビューを確認するなど、スマホでの見え方も重要視してページ作成を行いましょう。


「プロジェクト名、メイン画像、概要文」の3点で伝え切ろう


ページを見た方の多くは、プロジェクト名(タイトル)、メイン画像/動画、概要文の3点を見て、「支援するか・しないか」「ページを読むか・読まないか」を判断しています。また、特にスマートフォンではこの3点がメインになると言っても過言ではありません。「本文にいくらでも書けるから」と考えず、この3点でプロジェクトの魅力を伝え切るつもりで、気合を入れて作成してください

① プロジェクト名(タイトル)

一番最初に支援者の目に留まる、とても重要な要素です。タイトルだけで「面白そう!」「支援してみたい!」「もっと知りたい!」と感じてもらう必要があります。コピーライターになったつもりで、人目を引くコピーを書いてみましょう。

  • タイトルの文字数は「40文字以内」です。SEOの観点からは「30文字程度」が理想です。

② メイン画像・動画


プロジェクトのサムネイル(アイコン)として、タイトルとセットで拡散されていくのがメイン画像(動画)です。「プロジェクトが実現した際のイメージが伝わる、質の良い写真」(要は“センスの良い写真”)であれば、それだけでクリックやSNS上でのシェアの確率が上がります。

■プロにお願いすることも検討してみよう
必ずしもプロにお願いする必要はありませんが、ご友人で写真が上手な方・デザインが得意な方がいればその方にお願いするだけでも、プロジェクトの訴求力は大きく変わってきます。それぐらいこだわって作成してください。

  • 【補足】画像サイズは、縦横の比率が16:9のものをお使いください。(推奨:960px:540px)

③ 概要文

タイトルやメイン画像に惹かれてページをクリックした支援者が、次に読むのが概要文です。250文字でプロジェクトの概要を簡潔に説明してください。「・・・の為に◯◯◯万円必要としてます、ご支援よろしくお願いします!」という支援の呼びかけまで、伝え切るよう心掛けてください。

④ 金額

プロジェクトの目標金額、現在の達成金額、サポーター(支援者)数が表示されます。

■目標金額の設定について
目標金額は何となく決めるのではなく、

  1. 目標の実現のためにいくら必要なのか
  2. 何人の支援者から平均いくらの支援が集められそうか

この2点を考慮して、現実的かつ説得力のある金額を定めてください。
具体的には、【事前準備(1/3)】ページをより効果的に見せるための「プランニング」を参考にしてください。

⑤ プロフィール

・アイコン写真
支援者に信頼してもらうためにも、なるべく顔写真を登録しましょう。

・自己紹介
あなたがどんな人で、普段はどんな仕事をしているのか等を簡潔に伝えましょう。

■ポイント
ネット上で見知らぬ人と金銭のやりとりをするハードルは、決して低くはありません。できる限り詳しく、包み隠さずオープンにして信頼を獲得しましょう。とはいえ、硬くなりすぎる必要もありません。あなたが好きなことや趣味について書くことも、安心感や共感につながります。

画像や動画を効果的に使ったページにしよう

⑥ 本文

概要文では伝えきれない具体的な情報や想いを伝えてください。だらだらと長く書くのではなく、事前に構成をデザインし、言うべきことに絞って書きましょう。

■本文に最低限必要な“6つ”の情報

  1. プロジェクトオーナーの自己紹介
  2. プロジェクトの目的と必要な資金の額
  3. 資金が集まった場合、なにを実現するか
  4. 支援者が得られるメリット(特典の紹介、お届け時期など)
  5. プロジェクト達成後の、次なる目標(将来の夢など)
  6. 応援をお願いする一文(熱い想い)

支援者に疑問を残さないように、この6つの情報は最低限盛り込んでください。

■画像を使ってリズムよく!
文章を読んでもらうために、写真や動画を効果的に使いましょう。2000文字の文章だけのページより、200文字ごとに1枚の画像が挟まれ、2000文字の文章と10枚の画像で構成されたページの方が、リズムよく読んでもらえます。

  • 本文の画像サイズ(推奨)は、「幅 960px(縦は自由)」です。

■苦手な人は「テンプレート」を使おう
文章を書くのが苦手な方は、「ページ作成につまずいたら読むガイド」でダウンロードできるテンプレートを活用し、本文の作成にチャレンジしてみてください。

⑦ 特典

・「特典」に関するルール

  1. 特典の名称は、「10文字〜20文字以内」で簡潔に。
  2. 説明文は「200文字〜300文字程度」でまとめ、伝えきれない内容は本文で補足を。
  3. 設定可能な金額は、最低500円〜。上限はありません。
  4. 各特典に画像(特典をイメージできるもの)を1点付けてください。
  5. 値段順(安→高)で表示してください。※管理画面に「商品・サービスを金額順に並び替える」という機能があります。
  6. Paidy決済(コンビニ・銀行支払)を利用したい場合、すべての特典について「支援者に何らかの郵送物を送付する必要」があります。

どんな特典が効果的か?については、「【事前準備(2/3)】支援者の心をガッチリ掴む「特典設計」の工夫」をご参照ください。

⑥ コメント


支援者やフォロワーからのコメントが表示されます。寄せられたコメントに返信し、関係性を深めることで、支援に繋げることができます。

■注意
コメント欄は、ページ一番下と右側に設置してあります。(同じ内容が表示されます)
コメントの通知は無いので、定期的にコメントがないかチェックをお願いします。


ここまで読んで、「何から手をつけていいか分からない」「文章がどうしても苦手」という方は、「ページ作成につまずいたら読むガイド」に沿って、作成を進めてみてください。

また、どうしても分からない点や困った点については、いつでもきびだんごの担当者にご連絡くださいね!


編集画面の説明書【プロジェクト基本情報篇】

プロジェクト基本情報

ここでは「プロジェクト基本情報」の入力項目について説明します。登録作業と並行してご覧いただくと便利です。

● プロジェクト名

プロジェクトのタイトルです。プロジェクトの目的を端的に伝える、魅力的な一文にしましょう。

ポイント!
「〜したい」「〜しましょう」など、一緒に何かを成し遂げたいと呼びかける印象にして、閲覧者に”当事者”になってもらいましょう。「〜する!」などと断定してしまうと、プロジェクト自体がその実現を左右するイメージが薄れてしまう場合があります。

● プロジェクト(略称)

支援者へのメールなど、文字数が限られた箇所で利用されます。

● カテゴリ

該当するカテゴリーを選んでください。

● 関連サイト・URL

お持ちのウェブサイト、ブログ、SNSなど、支援者様に見てもらいたいサイトを登録してください。複数登録可能です。

● メイン画像

プロジェクトを象徴する画像を1点、縦横比16:9で作成してください。
※推奨サイズ: 横960×縦540ピクセル

ポイント!
プロジェクトが【実現しているイメージ】が伝わる画像が最適です。頭の中に想い描いている理想に近いイメージ画像は、閲覧者とビジョンを共有する大きな手助けとなります。

● 動画(YouTube)

設定された動画は、メイン画像をクリックすると再生されます。

ポイント!
閲覧者は、あなたが思っている以上に時間を割いてくれません。15〜30秒程度、長くても1〜2分以内にプロジェクトの魅力を伝え切れる動画をおすすめします。

● 募集期間

プロジェクトが開催される期間(支援を募集する期間)を指定します。7日~59日間でご希望の期間をご指定ください。

ポイント!
プロジェクトの開催可能期間は「最短7日〜最大59日」で、1ヶ月前後に設定されるケースが多いです。プロジェクトが達成した場合、集まった支援金は、プロジェクト終了日の翌営業日の月末締め⇒翌月末のお振込みとなります。イベントなど期日が決まっている場合はご注意ください。

● 目標金額

ポイント!
万が一、期間内に目標金額を達成しなかった場合、プロジェクトオーナー様にお支払いいただく手数料等は一切ございません。また支援表明をされた方も同様に、一切のお支払いは発生しません。

● 配送に関する記載

支援者に事前に質問する欄です。例えば、「Tシャツを特典に選ばれた場合、サイズはS/M/Lが選べます。ご希望サイズをこちらにご記入ください。」といったようにご利用ください。

▶︎次ページ「編集画面の説明書【プロジェクト詳細篇】


【実践(2/2)】ページ作成につまずいたら読むガイド

ページ作成につまずいたら読むガイド

「それぞれのルールやポイントは分かったけど、何から手をつけていいか分からない」という方は、ここから先を参考にしてください。順を追って作成すると、頭の中が整理されてスムーズに作業が進みます!

「①本文→②概要文→③タイトル」の順で作成してみよう。

プロジェクト名(タイトル)と概要文は少ない文字数で伝えなくてはいけないので、難易度も高く、最初にこれらを考えようとすると作業がストップしてしまいがちです。まずは、あまり深く考えず、本文から書き始めてみることをお薦めします!

① まずは本文を書いてみよう

自由に本文を書いているうちに、「あ、こんなタイトルはどうかな?」「このキーワードをタイトルに入れよう!」「このプロジェクトで自分がやりたいことはこれだ!」等の気付きが得られ、最後にはタイトルや概要文を書ける状況になっているはずです。

■ポイント「改行で読みやすく!」
本文は、読みやすいように改行を入れましょう。パソコンの画面で表示した時に「3行−5行ごとに改行」しているかを目安にしてください。

■ポイント「画像を使ってリズムよく!」
【1】でもお伝えしたポイントですが、文字だけのページは読み手に優しくありません。画像や動画をこまめに挟んで、リズムよく読めるページを意識しましょう。

本文テンプレート

文章の作成が苦手な方や、煮詰まっている方は、テンプレートを使って作成してみてください。
▶︎テンプレートページへ(新しいウィンドウが開きます)

② 概要文を作ってみよう!

何千というプロジェクトの中からあなたのプロジェクトを選んでもらうには、端的にプロジェクトの意義と魅力を伝える「概要文」が大きな意味を持ちます。

特にスマートフォンでは、まずメイン画像と概要文だけが表示されます。概要文の内容が乏しかったり、分かりづらいと、特典や本文へのリンクをクリックしてもらうことが出来ず、支援に繋げることができません。

概要文テンプレート

実際のプロジェクトの事例に従って、概要文を書いてみましょう。
▶︎テンプレートページへ(新しいウィンドウが開きます)

③ 最後にタイトルを付けましょう。

タイトルは、最大40文字という短い文字数にも関わらず、プロジェクト成功を左右しかねない重要な要素です。悩んでしまった場合は、以下のようにタイトルを大きく2つの要素に分けて、考えてみましょう。


▼この形式で書かれたプロジェクトのタイトル(事例)

  • #リアル4次元ポケット !変幻自在な最強スマートバッグを日本上陸させたい!
  • 夢と幸せを語る人を増やす人生の地図「未来スケープ」を作りたい!
  • 戦争と平和を見つめた85年「氷川丸ものがたり」上映会を全国の離島で開催したい!
  • 真田十勇士の伝説の忍者「霧隠才蔵」に 忍び装束を作りたい!!

いかがでしたでしょうか?他にも悩んで作業が進まないポイントがありましたら、担当者にご相談ください!また、途中でも構いませんので、一度「添削依頼」を出して頂くと、担当者からレビューをお戻しさせて頂きます。

ぜひ一緒に良いページを作って、プロジェクトに挑みましょう!


編集画面の説明書【プロフィール・特商法/公開設定・利用規約篇】

プロフィール・特商法/公開設定・利用規約

プロフィール・特商法

● アイコン写真

顔写真を登録すると、閲覧者により信頼してもらうことができます。

● 自己紹介

本名・顔写真・詳細な経歴をご記入ください。
※名前(ニックネーム)を16文字以上にすると、トップページで「…」と省略された表示になる場合があるのでご注意ください。

ポイント!
ネット上で見知らぬ人と金銭のやりとりをするハードルは低くありません。自身の素性をできる限り詳しく、包み隠さずオープンにして信頼を獲得しましょう。

● 特定商取引法に基づく表記

プロジェクトページ上に公表されます。支援者の安心にもつながりますので、積極的な開示をお願いします。
※ 個人での開催で、お電話番号・ご住所を開示できない情報がある場合は、「ご請求いただけましたら速やかにメールにてお知らせいたします」とご記載ください。

● 利用明細・口座・支払通知書

お申込書と同じ内容をご入力ください。

公開設定・利用規約

● 公開設定

・通常プロジェクト
通常のクラウドファンディングプロジェクトとして公開します。
※ 担当者が承認作業を行わない限り公表はされませんので、ご安心ください。

・プロジェクトの種
「目標金額」「特典ラインナップ」は非公開のまま、プロジェクトをサイトに掲載し、反響をみたりフォロワーを集めることができます。まだ内容が定まっていない場合や、しばらく開催を保留したい場合にご利用ください。(支援を集めることはできません)

【参考】プロジェクトの種一覧はトップページからご覧いただけます。
https://kibidango.com/#projectSeeds

※ こちらも、担当者が承認作業を行わない限り公表はされませんのでご安心ください。

● 利用規約

利用規約をご一読いただき、同意された上でボックスにチェックしてください。

以上でプロジェクトの登録は完了です!プロジェクト達成のためのノウハウは「虎の巻」をご覧ください。


Scroll Up